AKB48


AKB48を意識するようになったきっかけは楽曲でもなくライブ活動でもなくCMだった…。

2006,7年ごろの公共広告機構のCMにメンバー5名が出演。

バスタオル姿で固まって台詞を言う篠田麻里子に魅惑された。

AKB48は秋元康プロデュースで2005年12月結成。

秋葉原の常設劇場で毎日公演を行なってきたことから話題になっていた。

彼女たちがバラエティー番組に出るとイヤというほど体を張った企画になるのは気の毒になるくらいだ。

冠番組のひとつ、AKBINGO!は2008年10月から日本テレビで開始した番組だが、前身のAKB0じ59ふんから粉ものの企画があった。

同年4月にすべり台から落とされ粉まみれにされる企画があり、7月から翌年1月にかけて粉のプールに突き落とされる「タリナイ48」。

2009年1月から3月はアンケート上位を答えられないとパイをぶつけられる「ジョシジョーシキ」。

5月から視聴者のリクエストによる台詞を競い負けた方の顔に絵の具が塗られる「フレーズミュージアム」。

9月末からの「エケレンジャー」、10月からの「THE エケベガス」では再び粉が登場している。

なかでも小野恵令奈のリアクションを推す。

粉のなかに顔から落ちパイを気持ちいいと語り、絵の具を過剰に塗られるところを見ると、こちら側の人間だと推測される。

2009年のAKB48はわれわれにとって当たり年だったと言える。

その一つは、「アイドリング!!!」(スカパー!ほか)への出演。

4月16日放映の「あっち向いてパイ」では、それぞれ7人ずつ対戦し、ジャンケンによる勝ち抜き戦をした。

「ネ申テレビ」(CS)では、海外公演の途中、ニューヨークで撮られたPVとそのメイキングが11月13日に放映。

二班の一つ、メンバー8名がチューブトップにショートパンツ姿で、顔と足に原色のメイクを施され、「river」を歌い踊った。

もとのPVの、野戦服で胸まで水に浸かる映像や、カップリング曲のPVで、制服姿のメンバーがプール掃除をしてずぶ濡れになるのも良かった。

(ブログ「我夢雑報」2010年1月16〜30日掲載)



トップへ戻る
inserted by FC2 system