山海塾



1975年に活動を開始した今年40周年をむかえる舞踏家グループ。
頭を剃り全身を白塗りし、布を軽くまとっただけの半裸の男性数人で構成される。
海外公演が多く、芸術的評価が高く、主催者の天児牛大(あまがつ うしお)氏は2011年紫綬褒章を受章している。

ただし、すでに紹介した維新派、大駱駝艦と比べて、魅力にとぼしいと思うのは、きっと女性がいないからだろう。
鍛え上げられた肉体は美しい。しかし、それだけを見続けるのはつらい。
DVD「UNETSU」(io-factory2006年)や、YouTubeの断片的な動画を見てみると、そんな風に感じてしまった。

この3月には天児牛大氏の新著が発売され、5月には世田谷パブリックシアターで新作の公演が予定されている。
なにか新しい知見や思いついたことがあれば、この続きを書くかもしれない。

山海塾ホームページ
www.sankaijuku.com/


(2015年3月8日掲載)


トップへ戻る
inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system